烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

もみじ谷と東京タワー

 東京のシンボルとも言える「東京タワー」は、元増上寺の境内である芝公園20号地へ昭和33年(1958)に建てられました。
 現在東京タワ-が建っている山は、かつて紅葉山と呼ばれていた場所で、徳川2代将軍秀忠が、江戸城内の楓山から楓の木を移植したのが始まりで、山の下を「紅葉谷」、渓流から流れる滝は「紅葉の瀧」と呼ばれていました。
 現在も東京タワーに隣接する芝公園に、もみじ谷の名残を見る事が出来ます。

DSC01935.jpg
現在の「もみじ谷」芝公園

 現在、東京タワーが建っている敷地は、かつて「紅葉館」という会員制高級料亭があった場所です。明治14年(1881)に純日本風高級社交場として開業した「紅葉館」は、明治16年に開業した西洋風社交場である「鹿鳴館」と共に外国人接待、政財界人の集いなどで使用されますが、西洋の舞踊会場として使われた鹿鳴館は僅か七年で閉鎖され、その後は紅葉館のみがその役目を担うこととなります。
 「金色夜叉」で有名な尾崎紅葉は、この辺りの生まれで、ペンネームは「紅葉山」からとっています。また、 「金色夜叉」誕生のきっかけは、尾崎の親友の巌谷小波が紅葉館の女中の「お須磨」と恋に落ちたものの、家庭の事情もあり、お須磨は、他の客の物となったため、二人をよく知る尾崎が激怒して紅葉館にて、お須磨を激しく詰問し足蹴にしたそうで、その時の様子が熱海の海岸の名場面として使われています。
 紅葉館は東京大空襲で焼失し、その跡地が高台で地盤もタワー建設に適していたことから「東京タワー」の建設地に選ばれたのです。

DSC01940.jpg
東京タワー

東京タワー : 東京都港区芝公園4丁目2-8
スポンサーサイト

| 東京散歩 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。