烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

再び訪問 増上寺

 久しぶりに増上寺へお参りしてきました。
 増上寺は正式名称は「三縁山広度院増上寺」、真言宗の光明寺を明徳4年(1393年)に浄土宗に改宗し創建されています。
 もとは紀尾井町にありましたが、慶長3年(1598)江戸城の拡張に伴い、現在地に移され、寛永寺とともに、徳川氏の菩提寺として発展。寺域内には、6人の将軍が葬られています。

 現在、増上寺の入口となっている「三解脱門」は戦災をまぬがれた数少ない江戸時代の建物の1つで国の重要文化財に指定されています。幕府大工頭・中井正清により慶長16年(1611)に建立され、元和8年(1622)に再建されたもので、二重門(重層で、各層に屋根が付いた門)をくぐると、三毒(三つの煩悩)、すなわち貪(とん:むさぼり)、瞋(じん:いかり)、癡(ち:おろか)から解脱できるとされています。内部には釈迦三尊像と十六羅漢像が安置されています。
 三解脱門は、江戸時代には、お彼岸の中日や正月、4月8日、7月の16日などに階上を登ることが許されていたそうで、多くの人々で賑ったそうです。門の上から眺める眺望は最高で、江戸のランドマークとして活躍していましたが、その役目は同じ増上寺に建てられた東京タワーに引き継がれています。

三解脱門
三解脱門

 三解脱門をくぐるとすぐ右手に大木があり、説明板には「グラント松」とありました。グラントとは第18代アメリカ合衆国大統領、ユリシーズ・グラントのことで、大統領退任後の明治12年(1879)に国賓として来日し、その際に増上寺を参拝して植樹したそうです。
 グラントは南北戦争で将軍として北軍を勝利に導いた英雄で、1869年(明治元年)に大統領に就任しています。岩倉使節団が訪米した際に会見したのもグラント大統領だったそうです。
 軍人としては名声を得たグラントでしたが、大統領在任中は政権内で多くのスキャンダルおよび汚職事件が発生し政治家としての評価は高くありません。

グラント松
グラント松

 増上寺の本堂である大殿は戦災により焼失していましたが、昭和49年(1974)に浄土宗開宗800年を記念して再建されました。
 総面積10,535平方メートルという巨大な建物で、石段で登った2階が本堂、3階に道場、1階に檀信徒控室、そして地下には宝物展示室などがあります。
 今回、宝物展示室にも入り、二代秀忠公の御霊屋である「台徳院殿霊廟」の模型など、貴重な展示物を見学してきました。

大殿
大殿

 境内の鐘楼堂は、最初に建てられたのは寛永10年(1633)ですが焼失し、戦後に再建されています。収められている梵鐘は、高さ一丈(約3m)、重さ4千貫(約15t)と東日本最大級で、江戸三大名鐘の一つに数えられています。鋳造されたのは延宝元年(1673)の事で、当時の将軍、徳川家綱の意向により、奥方のかんざしまで提供され鋳造したと伝わっています。

鐘楼堂
鐘楼堂

【関連記事】 増上寺

東京都港区芝公園4−7−35
スポンサーサイト

| 江戸時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。