烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

芝大門

 芝大門へやってきました。現在、この場所の地名にもなっている大門は、かつて広大な敷地を有した増上寺の四門の一つで、明治4年(1871)に新政府により寺領の一部が没収されると、増上寺は門の管理が困難であるとして四門を当時の東京府に寄付しています。
 そのうち現在も残っているのは芝大門だけで、昭和12年(1937)には当時の東京市により鉄筋コンクリート製に造り直されました。
 戦後、本堂建立や伽藍の整備を進めていた増上寺は大門の返還を求めますが、ここで問題が発生。都側は大門について財産目録になく譲渡できないと回答。所有者が宙に浮いたままずっと保留されてきました。
 ところが、その間も大門は老朽化し、東日本大震災では瓦が落下するなど安全確保を求める声が上がってきたため、都は今年、再調査により財産目録から抹消していた事を突き止め、現在は資産価値はないとして増上寺へ無償譲渡したそうです。増上寺が門を手放して138年ぶり、返却を求めてから約40年ぶりの出来事でした。
 今後、増上寺では瓦のチェックや強度計算などを実施し、補修作業を進めるそうです。

芝大門
芝大門

大門横のプレート
大門横のプレート

プレートの裏
プレートの裏

東京都港区芝公園1丁目7−13 付近
スポンサーサイト

| 東京散歩 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。