烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

尾崎紅葉生誕の地

 港区芝大門にある首尾稲荷神社という小さな祠の裏に「尾崎紅葉生誕の地」の説明板が設置されています。
 「金色夜叉」などの小説で知られる尾崎紅葉は、慶應3年(1867)に芝中門前2丁目、現在の芝大門2丁目の尾稲荷神社の近くで生 17歳の時、日本最初の文学団体『硯友社』を結成.。翌年、近くの増上寺境内にあった景勝地『紅葉山』から「紅葉」と号し活躍しますが、明治36年(1903)に35歳で亡くなっています。

首尾稲荷神社
首尾稲荷神社

神社の後側
神社の後側

説明板
説明板

東京都港区芝大門2-7
スポンサーサイト

| 明治・大正時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。