烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

勤皇の志士 谷干城の墓

 土佐藩士の谷干城は武市瑞山の影響で尊王攘夷運動に参加。慶応2年(1866)の長崎視察の際に後藤象二郎や坂本龍馬と交わり薩土討幕密盟にも関わったと言われています。
 谷は土佐藩の上士の身分でありながら、下士出身の坂本龍馬を尊敬していたと言われ、慶応3年(1867)に龍馬が暗殺され際に、真っ先に駆けつけ、まだ息のあった中岡慎太郎から経緯を聞きだしたと言われています。谷は暗殺犯は新選組ではないかと考えていたため戊辰戦争の際に新撰組局長・近藤勇が捕えられると反対意見も多い中、谷の主張により斬首刑が執行されています。
 戊辰戦争では大軍監として東北に転戦した谷は、陸軍に入り、明治,6~8年には熊本鎮台司令長官として佐賀の乱の鎮定に当たっています。台湾出兵の際には台湾蕃地事務参謀として西郷従道を補佐。帰国後、熊本鎮台司令長官に再任され西南戦争(1877)で熊本城に籠城し城を死守します。西南戦争の功績により陸軍中将に昇進、陸軍士官学校長などを歴任した谷ですが,薩長専制を批判し、次第に陸軍反主流派としての立場を強めていきます。明治18年第1次伊藤博文内閣では農商務大臣に就任していますが、内閣の欧化政策を批判し、井上馨外相が進める不平等条約改正の内容にも反対して大臣を辞職。その後、貴族院議員となり土佐派の重鎮として地租増徴への反対や、日露戦争開戦に反対するなど活躍しています。
 谷干城は明治44年(1911)に75歳で亡くなり、谷中霊園に葬られています。

谷干城の墓

谷中霊園 乙9号11側
スポンサーサイト

| 幕末・明治維新 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。