烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

藍染川と枇杷橋(合染橋)跡

 谷中3丁目にある大円寺から千駄木駅がある団子坂下交差点に向かう途中の交差点に「藍染川と枇杷橋(合染橋)跡」の説明板があります。
 団子坂下へ向かう路と交差する道路は文京と台東の区境になり、うねうねと蛇行しています。この道は現在暗渠となっていますが地下に藍染川が流れているそうです。
 『新編武蔵風土記稿』によると、水源は染井の内長池(染井霊園の北側の低地)で、ここから西ヶ原へ、さらに、駒込村から根津谷へと向かっています。不忍池から上野の山の三枚橋下(公園入口のところ)で忍川となり、三味線堀から隅田川に注いでいます。
 藍染の名の由来は、染井から流れ出るからとか、川筋に染物屋があり川の色が藍色に染まっていたからなど諸説あります。
 交差点付近にはかつて、藍染川に架かる橋がありました。江戸時代の『御府内備考』や『新編武蔵風土記稿』によると、この橋は合染橋、藍染橋、琵琶の橋(のち琵琶橋)などと呼ばれていました。なお、旧八重垣町にも同名の藍染橋があったそうです。
 川は、水はけが悪くよく氾濫したので、大正10年(1921)から暗渠工事が始められ、現在、その多くが台東区との区境の道路となっているそうです。

藍染川と枇杷橋(合染橋)跡

文京区千駄木2-35先
スポンサーサイト

| 東京散歩 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。