烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

全生庵の墓

 台東区谷中五丁目にある全生庵には、山岡鉄舟や三遊亭円朝の墓以外にも多くの著名人の墓や碑があります。

 全生庵の境内にはいくつかの碑がありますが、その中の一つに中国の革命家、孫文の書による「山田良政君碑」があります。
 山田良政は、弘前市出身。上京して、中国語を学び、日清戦争では陸軍通訳として従軍していた山田は、明治32 年(1899)に東京で孫文と出会うと二人は意気投合し、山田は革命運動への支援を約束します。
 明治33年(1900)に南京同文書院の教授兼幹事として赴任し、辛亥革命の一端である「恵州起義」( 中国広東省 ) が起こると孫文の命で現地に入ります。
 しかし、当初、革命軍への軍事援助を約束していた日本政府は、内閣交代により中国への内政不干渉へ方針転換。武装蜂起は失敗に終わり山田は戦死しています。一説には革命軍が撤退するときに捕らえられ、日本人と分からないまま殺されたとも言われています。
 碑は革命成功後に中華民国を建国した孫文が、大正2年(1913)に訪日した際に建立されてものだそうです。

山田良政君碑
山田良政君碑

 松本楓湖は幕末から大正時代にかけて活躍した日本画家です。天保11年(1840)、常陸国河内郡寺内村で生まれた松本は、江戸へ出て、鳥取藩の御用絵師・沖一峨や、谷文晁の高弟、佐竹永海、歴史画集「前賢故実」の作者、菊池容斎に師事し絵師として活躍します。日本美術院創設に参加し文展審査員,帝国美術院会員となった松本は、安雅堂画塾を開くと、今村紫紅、速水御舟ら多くの門人を育て、大正12年に84歳で亡くなっています。歴史画を得意とし、代表作に「蒙古襲来・碧蹄館」「静女舞」などがあります。

画家 松本楓湖先生の墓
画家 松本楓湖先生の墓

 全生庵には、『春よこい』『靴が鳴る』などで知られる大正から昭和にかけて活躍した作曲家、弘田龍太郎の墓もあります。
 弘田龍太郎は、明治25年(1892)、高知県安芸市土居で生まれ、教育者である父の転任に従って、千葉師範学校附属小学校、三重県立第一中学校卒という経歴を経て東京音楽学校(現:東京芸術大学)に入学します。
 『七つの子』『赤い靴』などの作曲で知られる本居長世に師事し、卒業後は、母校の講師を経て教授に就任しています。
 宮城道雄や本居長世らの新日本音楽運動に参加し、洋楽と邦楽の融合を模索していた弘田は、鈴木三重吉により児童雑誌『赤い鳥』が創刊されると、「赤い鳥運動」に参加。北原白秋等と組み、多くの童謡を作曲しています。最初に紹介した作品以外にも『鯉のぼり』『金魚のひるね』『雀の学校』など、誰もが聞いたことのある作品を世に送り出しています。
 昭和27年(1952)に60歳で亡くなった弘田は、全生庵に葬られますが、その墓所には、彼の作品の一つ『叱られて』の楽譜が刻まれた曲碑が建立されていました。

作曲家 弘田龍太郎の墓
作曲家 弘田龍太郎の墓

曲碑「叱られて」
曲碑「叱られて」

台東区谷中5丁目4−7
スポンサーサイト

| 歴史あれこれ | 10:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。