烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

愛染かつらゆかりの自性院

 谷中にある自性院は、慶長16年(1611)道意上人が神田に開山、慶安元年(1648)に現在地に移ったと伝えられています。
 自性院は、愛染堂に祀られた愛染明王像が有名で、文化文政の頃(1804-30)には愛染寺の名で知られるようになります。
 愛染明王は、特に縁結び、家庭円満にご利益があると言われ、昭和の初め、文豪川口松太郎は名作「愛染かつら」を、自性院の愛染明王像と本堂前にあった桂の古木をヒントに執筆したと言われています。「愛染かつら」は昭和13年に雑誌『婦人倶楽部』での連載が終了以降、何度か映画やテレビドラマ化されヒットしています。

自性院入口
自性院入口

本堂
本堂

桂の木
桂の木

説明板
説明板

台東区谷中6-2-8
スポンサーサイト

| 歴史あれこれ | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。