烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

囲碁史スポット 延壽寺日荷堂

 東京都台東区谷中にある延壽寺の境内には、以前紹介した健脚の神様、日荷上人の像を祀った『日荷堂』があります。
 延壽寺が創建されたのは明暦2年(1656)、第四代将軍徳川家綱の時代。当初は大乗山延壽院と呼ばれ、同じ谷中にある瑞輪寺の末寺でしたが、その後解消され、宝永年間(1704~1710)に身延山久遠寺の直末となります。
 やがて宝暦5年(1755)に延壽寺と名を改め、その際に身延山山本坊より日荷上人尊像を勧請ています。尊像は現在も、日荷堂に安置されていて、毎月一日と十日にご開帳しているそうです。
 日荷上人については、以前も紹介しましたが現在の横浜市金沢区六浦にある「上行寺」の僧侶で六浦妙法と言いました。
 ある日、六浦妙法の夢枕に称名寺の仁王尊が立ち、日蓮宗総本山である身延山へ運ぶよう告げたため、六浦妙法は称名寺の住職に囲碁の勝負を挑み勝利。二体の仁王尊を背負って三日三晩かけて身延山久遠寺まで運んだという伝説から健脚の神様として信仰されています。
 江戸時代、基本的に移動手段は自分の足であり、延壽寺は健脚を祈る人々から信仰を受け「日荷さまの寺」と呼ばれていました。現在でもマラソン選手など、スポーツ関係者が大会前に参拝しているそうです。
 日荷堂の脇には参拝者が奉納した絵馬が多く掛けられていますが、取材時にかけられていた絵馬の多くが、今年左足靭帯のけがをしたフィギュアスケート羽生結弦の早期回復を願うものでした。

延壽寺山門
延壽寺山門

本堂
本堂

日荷堂の絵馬
日荷堂の絵馬

 日荷堂の軒下に掲げられた奉納額の1つに「相撲桟敷方」と書かれた額があります。相撲興行の際に茶屋の軒を借りて営業していた「桟敷屋」が奉納したものですが、その中に「八百長」の名を見る事が出来ます。
 相撲の八百長の語源となった「八百長」こと八百屋の長兵衛は、元は八百屋でしたが桟敷屋の権利を買い営業していたそうで、囲碁が大変強い人物でしたが、興行を取り仕切る年寄七代伊勢ノ海に取り入るため囲碁の相手をしわざと負けていたそうです。
 ところが、本所の回向院近くに新しく出来た碁会所の開所式に家元本因坊が招かれたことから、長兵衛は本因坊と本気の勝負をし、その実力がばれてしまったそうです。この逸話から勝負にわざと負ける事が「八百長」と呼ばれる事となります。なお、この時、長兵衛が対局したのは本因坊秀元であると言われています。

奉納額
奉納額

世話人の中にある「八百長」の名
世話人の中にある「八百長」の名

 仁王尊を賭けた囲碁勝負で知られる日荷上人を祀り、囲碁でわざと負け「八百長」の語源となった八百屋の長兵衛の名が入った奉納額がある「延壽寺日荷堂」は、囲碁関係者なら一度は訪れてみたい囲碁史スポットと言えるかもしれません。

東京都台東区谷中1-7-36
スポンサーサイト

| 囲碁のある風景 | 07:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。