烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第6代日本棋院総裁 稲山嘉寛

 谷中霊園に日本棋院第6代総裁の稲山嘉寛の墓があることが分かり、早速お参りしてきました。日本棋院において総裁とはトップの役職で、初代総裁は大久保利通の息子である牧野伸顕が務めています。
 稲山嘉寛氏については日本棋院総裁という肩書より、本業の肩書である新日本製鉄初代社長、第5代経済団体連合会(経団連)会長という肩書の方が有名でしょう。
 昭和2年(1927)、商工省に入省し官営八幡製鐵所に入所した稲山は販売畑を歩み、昭和37年(1962)には社長に就任します。八幡製鐵所は以前、他の製鉄会社と合併し「日本製鐵」となっていましたが、戦後財閥解体に伴い分割されていたため、稲山は業界強化のため再合併を推進。昭和45年(1970)に富士製鐵と合併し新日本製鐵(現・新日鐵住金)が誕生すると初代社長に就任し、後に二代目会長にも就いています。
 新日鉄誕生の経緯からも分かるように、稲山は競争より協調を重視した人物で「ミスター・カルテル」の異名を取ります。
 昭和55年(1980)に財界トップである第5代経済団体連合会(経団連)会長に就任すると、当時問題となっていた欧米との貿易摩擦解消に尽力。国際協調を重視し自動車・VTR等の輸出自主規制を指導します。
 稲山が日本棋院総裁を務めていたのは昭和57年(1982)から5年間。当然、稲山自身も囲碁が趣味で貿易協定締結のため幾度となく中国を訪れた際も、特に観光に行くでもなく、仲間を探しては囲碁や麻雀を楽しんでいたという逸話も残されています。
ちなみに稲山が総裁に就任していた当時の理事長は坂田栄男(二十三世本因坊栄寿)です。

稲山嘉寛の墓
稲山嘉寛の墓

墓石の側面
墓石の側面

谷中霊園 乙11号14側付近。御台所様墓地裏(JR線路側)
スポンサーサイト

| 日本棋院 | 07:26 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。