烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

谷中霊園 文人の墓(色川武大と獅子文六)

 谷中霊園には多くの文人の墓もあります。
 色川武大(いろかわ-たけひろ)は、阿佐田哲也のペンネームで「麻雀放浪記」を発表するなど、昭和後期に活躍した小説家です。
 祖父は文部官僚、父は海軍大佐。親戚には衆院議員もいるといった家柄で生まれた武大ですが、戦時中で旧制中学(高校)在学中に同人誌を密かに発行していたことがばれ無期停学処分を受けたため進級も転校もできず、戦後中退して、かつぎ屋、闇屋、街頭の立ち売りや博徒などの職を転々とします。この時の経験が後の作品に生かされています。
 昭和28年(1953)に桃園書房に入社すると雑誌の編集者として藤原審爾や山田風太郎のサロンに出入し、会社退職後に「井上志摩夫」名義での娯楽小説を書きはじめた色川は昭和36年(1961)に執筆した『黒い布』が三島由紀夫らの賞賛を受け、第6回中央公論新人賞を受賞します。
 一方で得意の麻雀を活かし、昭和41年(1966)に『週刊大衆』に「雀風子」のペンネームで『マージャン講座』というコラムを執筆。その後同誌に「阿佐田哲也」のペンネームで麻雀小説を連載しています。特に昭和44年(1969)に連載を開始した自伝的小説『麻雀放浪記』シリーズは若い読者の圧倒的人気を得て映画化される等、麻雀ブームを引き起こしています。
 本名でも数々の作品を発表した色川は、昭和52年「怪しい来客簿」で泉鏡花文学賞,53年「離婚」で直木賞,平成元年「狂人日記」で読売文学賞などを受賞。平成元年(1989)に60歳で亡くなっています。

色川家の墓
色川家の墓

色川武大の名
色川武大の名

 小説家,劇作家であった獅子文六(本名:岩田豊雄)はフランスに遊学して近代劇を研究、岸田国士らと共に劇団文学座を創立。 一方で小説家としても『自由学校』などユーモアと風刺に富んだ風俗小説を執筆し脚光を浴びます。昭和31年(1956)より『主婦之友』にて連載された『娘と私』は、現在も続く「NHK連続テレビ小説」の記念すべき第1作品目となっています。
 文六は、昭和44年(1969)に文化勲章を受章。同年76歳で亡くなっています。

獅子文六の墓(岩田家の墓)
獅子文六の墓(岩田家の墓)

谷中霊園 
 色川武大の墓 : 甲1号9側
 獅子文六の墓 : 甲9号22側
スポンサーサイト

| 昭和時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。