烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

樋口一葉ゆかりの法真寺

 東大赤門の道向にある法真寺は、寛永4年(1627)に徳川家康の御台所頭であった天野図書(俗称天野京太郎)が下屋敷を寄進し、開基として創建した寺院です。
 五千円札の肖像で知られる樋口一葉は明治9年(1876)、4歳から5年間、法真寺の東隣に住んでいて、その家を「桜木の宿」と名付けていました。木造倉庫もついた45坪の家だったそうで、この時期、父親の事業も順調で裕福であり、一葉の生涯で最も幸せな時代だったと言われています。
 一葉は、倉庫で本を読みふけったり、2階の窓から法真寺境内の桜や、境内に鎮座する「腰衣観音」を眺めていたそうで、後にその様子を「腰衣の観音さま、濡れ仏にておはします御肩のあたり、膝のあたり、はらはらと花散りこぼれて、前に供へし樒の枝につもれるもをかしく」と「ゆく雲」の中で書いています。
 その後、樋口家は、跡継ぎの兄が亡くなり、父も事業に失敗し多額の借金を抱えたまま亡くなったため、生活は困窮することとなります。一葉は小説家として一家を支えようと努力し、森鴎外らに認められていきますが、明治29年(1896)に肺結核で24歳の生涯を閉じています。

法真寺入口
法真寺入口

本堂
本堂

樋口一葉像
樋口一葉像

入口付近にある一葉真筆のプレート
入口付近にある一葉真筆のプレート

東京都文京区本郷5丁目27-11
スポンサーサイト

| 明治・大正時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。