烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

東京大学赤門

 東京大学本郷キャンパスの南西部、本郷通り沿いにある赤門は、正門ではありませんが、大学を象徴する建物で、東大自体が別称「赤門」と呼ばれています。
 本郷キャンパスの大部分が、江戸時代は加賀藩上屋敷で、赤門はその御守殿門でした。
 加賀藩13代藩主前田斉泰(なりやす)は、文政10年(1827)に11代将軍徳川家斉の娘溶姫を正室に迎え、門は、その際に建立されたものです。
 当時、三位以上の大名へ将軍家から姫が嫁いだ場合、その人や居所を御守殿と称し、出入りする門は朱塗りで造られ「御守殿門」と呼ばれていたそうです。
 東大赤門は切妻造の薬医門で、左右に唐破風の番所が置かれていました。御守殿門は焼失しても再建が許されていなかったため、現存する江戸時代の貴重な建物として国の重要文化財に指定されています。

東大赤門

文京区本郷7-3-1
スポンサーサイト

| 江戸時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。