烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

駒込土物店跡

 文京区本駒込の天栄寺に「駒込土物店跡」の碑があります。
 駒込は江戸時代、神田、千住と並び3大青果市場といわ、その起源は元和年間(1615~1624)といわれています。
 当初は近郊の農民が野菜を担いで江戸に出る途中に天栄寺境内で毎朝休憩していたため、付近の住民が新鮮な野菜を求めて集まってきたのが起こりだそうです。
 また、近くの富士神社一帯は駒込ナスの生産地として有名で、大根、にんじん、ごぼうなどの土のついたままの野菜(土物)が取り引きされました。
 「土物店」(つちものだな)とも呼ばれた「駒込青物市場」では、当初問屋が街道沿いに点在していましたが、明治34年(1901)に、現在、駒本小学校がある場所にあった高林寺境内に集結。その後、道路拡張などで、昭和12年(1937)に豊島区に移転。それが巣鴨の豊島青果市場です。
 豊島青果市場は巣鴨駅から本因坊家の墓所である本妙寺へ向かう途中よく見かけていましたが、そのルーツが本駒込にあります。

天栄寺
天栄寺

江戸三大青物市場遺跡の碑
江戸三大青物市場遺跡の碑

駒込土物店跡の碑
駒込土物店跡の碑

文京区本駒込1-6-16
スポンサーサイト

| 江戸時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。