烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鹿碑と瘞賜猪碑 旗本本郷邸跡

 豊島区駒込1丁目にある「駒込パークハウス」というマンションの前に二つの碑が建っています。「鹿碑」と「瘞賜猪碑」。この場所は江戸時代後期旗本・御家人の屋敷地として使用されていた土地で、幕末に発刊された「江戸切絵図」によると、旗本本郷丹後守の下屋敷があったと記されています。
 石碑には将軍が行った鹿狩に本郷氏が側近として同行し、その際将軍から獲物を下賜されたことなど刻まれています。
 なお、明治時代になると、明治維新の三傑といわれた木戸孝允(桂小五郎)がこの地を別邸としていますが、それを示す碑は別の場所にありますので別途紹介します。

駒込パークハウス
駒込パークハウス

鹿碑と瘞賜猪碑
鹿碑と瘞賜猪碑

東京都豊島区駒込1丁目10−15
スポンサーサイト

| 江戸時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。