烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

戒行寺歴代住職の供養塔

 杉並区堀ノ内にある、四谷(新宿区須賀町)の戒行寺の墓所で、中興開基で本因坊元丈や丈策の先祖である宮重作兵衛信秀
の墓を紹介しましたが、その隣りには歴代住職の供養塔が建立されています。
 戒行寺は文禄4年(1595) に玉泉院日養上人を開山として麹町で戒行庵として創草されます。江戸城の拡張にともない現在地へ移転したのは寛永11年(1634) の事で、この時に戒行寺となりました。

戒行寺歴代住職の供養塔
戒行寺歴代住職の供養塔

墓誌
墓誌

 戒行寺は甲斐の武田家とのつながりが強かったようで、武田家臣の大木氏と三枝氏の子孫が葬られているそうです。
 また、戒行寺10世、円正院日貞上人は山本勘助の孫であると伝えられています。歴代住職供養塔の墓誌にその名を見ることが出来ました。

山本勘助の孫、日貞上人の名
山本勘助の孫、日貞上人の名

 戒行寺といえば、池波正太郎原作で中村吉右衛門がドラマで演じた「鬼平犯科帳」の火付盗賊改の鬼平こと長谷川平蔵が葬られたことで知られていますが、現在、四谷の境内に建立されているのは供養碑です。境内には長谷川家の墓もありますが、これは明治以降に造られた子孫の墓だそうです。長谷川平蔵の墓は、墓地が現在の堀ノ内に移転する前には現存していたそうで、移転の際に長谷川家が立ち会わなかったため、無縁墓として処分されてしまったのではないかと考えられています。歴代住職の供養塔の隣りに無縁墓を積み上げた供養塔が造られていますが、一説には長谷川平蔵の墓は、この中で見えない場所に埋め込まれているのではないかと言われています。

無縁墓の塚
無縁墓の塚

【関連記事】 長谷川平蔵と本因坊元丈

東京都杉並区堀ノ内3丁目48付近
スポンサーサイト

| 江戸時代 | 07:27 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。