烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

本因坊元丈、丈策の先祖 宮重作兵衛信秀

 先日、四谷(新宿区須賀町)にある戒行寺の中興開基である御家人の宮重作兵衛信秀が、11世本因坊元丈と、その子、13世本因坊丈策の先祖である事を紹介しましたが、その墓が、杉並区堀ノ内にある、日蓮宗本山、妙法寺の北側にある戒行寺の墓所にあります。戒行寺の墓所は他の寺院との共同墓地となっています。
 宮重作兵衛忠次(信秀)は、家康の祖父である松平清康の代から仕える直参で、当時、御天守番を勤めていました。戒行寺の前身である戒行庵の隣に住んでいたため檀家となり、四谷へ移転した際に開基として奔走したそうです。

宮重作兵衛信秀の墓
宮重作兵衛信秀の墓

信秀の戒名(右)
信秀の戒名(右)

正保3年に亡くなった事が分かります。
正保3年に亡くなった事が分かります。

 宮重信秀が亡くなったのは正保3年(1646)で、その事は墓石に刻まれた文字からも読み取る事が出来ます。そして亡くなってから150年後の寛政7年(1795)に子孫が出資して補修を行った事も墓石に記されています。その子孫の中に「宮重作十郎信敬」という人物の名を見つけました。宮重作十郎と言えば本因坊元丈の長兄の名と同じで、年代的にも間違いないと思います。作十郎や元丈は信秀の六代後の子孫で、作十郎は大御番小笠原近江守の組与力を勤めていました。墓を補修した寛政7年といえば元丈は宮重楽山と名乗り前年に四段に昇段しています。
 本因坊烈元の跡目候補、河野元虎が亡くなったのが寛政7年で楽山は寛政10年(1798)に五段で跡目となり、元丈と改名しています。墓の補修が数年後であれば元丈もここに名を連ねていたかもしれません。

補修を行った子孫の名に元丈の兄、作十郎の名が
補修を行った子孫の名に元丈の兄、作十郎の名が

【関連記事】 長谷川平蔵と本因坊元丈

東京都杉並区堀ノ内3丁目48付近
スポンサーサイト

| 本因坊家 | 06:34 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。