烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

真盛寺(三井寺)

 杉並区梅里1丁目の真盛寺は、天台真盛宗の東京別院で、本山は滋賀県大津市坂本の西教寺です。
 「江戸本所真盛寺之記」によれば寛永8年(1631)に現在の文京区湯島で創建され、その後、何度か移転を繰り返し大正11年に現在地に移ってきました。
 延宝元年(1673)に三井高利が江戸日本橋に越後屋を創業して以降、真盛寺は菩提寺として庇護を受け、別名「三井寺」とも称されています。
 現在地の前にあった本所から移築された本堂は安永5年(1776)に建てられたもので、元三大師堂は文政3年(1820)、中玄関書院は慶応元年(1865)と貴重な江戸時代の建物が並び、この他、客殿・庫裡は明治天皇の行幸を仰ぐため明治29年に建てられた細川公爵邸を譲り受けたものだそうです。
 また、「真観上人画像」、雪舟銘「商山四皓」図をはじめ数多くの文化財が所蔵されています。

参道
参道

山門
山門

本堂
本堂

庫裏
庫裏

杉並区梅里1-1-1

スポンサーサイト

| 江戸時代 | 09:54 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。