烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

四谷木谷道場跡

 木谷実は若くして囲碁の天才と呼ばれ、中国から来た呉清源と「鎌倉十番碁」など数々の激戦を繰り広げると共に、協力して「新布石」を発表するなど囲碁界に大きな影響を与えています。
 木谷は棋士の育成に力を注いでいて、自宅に「木谷道場」を開き多くの門下生を育て上げます。大竹英雄、石田芳夫、趙治勲、小林光一など、後に囲碁界をリードする数多くの棋士が「木谷道場」で育っています。
 その「木谷道場」は、神奈川県平塚市にあった事で知られていますが、晩年、木谷は四谷三栄町の自宅に道場を開設しています。
 その詳細な場所は今回特定できませんでしたが、記録によると、木谷家の前に「日鉄四谷コーポ」というマンションがあって、その会議室が、アマチュア愛好家のための会場として使われていたそうです。
 さっそく、新宿区三栄町にある「日鉄四谷コーポ」へ行ってみました。しかし、マンション前のどこに木谷家があったのかまでは分かりませんでした。今回、一緒に取材の同行をしていただいた囲碁史会の南氏によると、近くに木谷家も買っていた豆腐屋があったそうで、そこで情報収集しようと探してみましたが見つけることが出来ませんでした。廃業されたのかもしれません。

日鉄四谷コーポ
日鉄四谷コーポ

日鉄四谷コーポ前
日鉄四谷コーポ前

日鉄四谷コーポ : 東京都新宿区三栄町10
スポンサーサイト

| 日本棋院 | 07:33 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。