烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

二葉亭四迷の墓 染井霊園

 「浮雲」などで知られる明治期の小説家、二葉亭四迷の墓が染井霊園にあります。
 ペンネームの由来は「くたばってしまえ」から来ているそうで、処女作「浮雲」が、坪内逍遥の名を借りて出版された事を卑下したものであるという説や、小説家に対して理解のなかった父に言われたという説があります。
 本名は長谷川 辰之助といい尾張藩士の家に生まれ、外交官を目指し明治14年(1881)に東京外国語学校(現東京外国語大学)でロシア語を学んだ事からロシア文学に心酔するようになります。
 坪内逍遥と親交を結んだ長谷川は、坪内の勧めで文芸評論「小説総論」を発表、その後、小説家へ転じます。二葉亭四迷の作品の特徴である写実主義の描写と言文一致の文体は当時の文学者たちに大きな影響を与えるとともに、多くのロシア文学作品を翻訳し日本へ紹介しています。
 二葉亭四迷は明治37年(1904)に大坂朝日新聞社に入り、明治41年には特派員としてロシアへ赴任していますが、明治42年(1909)に肺結核を患い帰国の途上、ベンガル湾上で客死しています。享年45歳

二葉亭四迷の墓
二葉亭四迷の墓

染井霊園:東京都豊島区駒込5-5-1 1種イ5号37側
スポンサーサイト

| 明治・大正時代 | 11:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。