烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

反骨のジャーナリスト 宮武外骨の墓

 染井霊園に眠る「宮武外骨」、その名前はなんとなく聞いたことがあったので、お墓を見かけたあと、どんな人物であったか調べてみました。
 宮武外骨は、明治・大正期に活躍したジャーナリストで、新聞記者、著作家、新聞史研究家、江戸明治期の世相風俗研究家など、様々な顔をもった人物です。
 「外骨」という名前は号ではなく本名だそうで、慶応3年(1867)に香川県の庄屋の家に生まれ、幼名は亀四郎と言ったそうですが、亀が「外骨内肉」の動物であるとして17歳の時に本名を「外骨」 に改めています。しかし役所や図書館の窓口などで名前を記入しても本名を書くように言われる事が多かったため、「是本名也」と彫った印鑑を持ち歩いていたそうです。このエピソードから分かるように、かなり変わった人物で反骨精神に富んだジャーナリストだったそうです。
 明治22年(1889)に自ら発行した「頓智協会雑誌」で大日本帝国憲法発布をパロディ化し不敬罪に問われ禁錮3年の実刑を受けたのを初め、反権力の精神を貫いた外骨は、戦後もGHQが検閲や発禁処分を繰り返したたため「何が言論の自由か」と憤り、戦前の日本政府と大して差が無いと批判を展開しています。

宮武外骨の墓
宮武外骨の墓

名刺受
名刺受

染井霊園:東京都豊島区駒込5-5-1
スポンサーサイト

| 明治・大正時代 | 07:07 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。