烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

高田早苗の墓

 染井霊園にある、教育家で政治家でもあった高田早苗の墓にお参りしました。
 安政7年1860年(1860)、江戸の深川で生まれた高田は、明治15年(1882)に東京大学を卒業すると、知り合いの法学者、小野梓の紹介で大隈重信と出合い「立憲改進党」に参加します。
 大隈が設立した東京専門学校(早稲田大学)にも参加し講師を務め、明治40年(1907)に校長・学監制をが廃止されし、総長・学長制が採用されると高田が初代学長に就任しています(初代総長は大隈重信)。
 明治20年(1887)から三年間、読売新聞の主筆を務めた高田は明治23年(1890)の第1回衆議院議員総選挙で当選し政治家へ転身。大正4年(1915)に貴族院議員に勅撰されると第2次大隈内閣では文部大臣に就任しています。
 現在、早稲田大学には高田の功績をたたえて名づけられた「高田早苗記念研究図書館」があります。

高田早苗
高田早苗の墓

顕彰碑
顕彰碑

染井霊園:東京都豊島区駒込5-5-1 1種イ3号23側
スポンサーサイト

| 明治・大正時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。