烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

キジムナー駅(馬場﨑町駅)

 馬場崎町駅(ばばさきちょうえき)は、JR西日本の境線の駅で終点の境港駅の隣りの駅です。妖怪の名前である「キジムナー駅」の愛称で呼ばれています。
 キジムナーは沖縄に伝わる妖怪で、樹木の精霊であると言われています。
 体中、あるいは赤、または顔」が真っ赤な子供の姿で現れると言われていますが、その他、手が木の枝のように伸び、、一見老人のように見える妖怪であるとも言われています。
 人間の船に同乗し、一緒に漁を行い褒美にご馳走をいただいたとか、夕食時にかまどの火を借りに来たなど、人間に身近な存在として伝承されています。

馬場﨑町駅
馬場﨑町駅

駅ホーム
駅ホーム

説明板
説明板


鳥取県境港市馬場崎町303
スポンサーサイト

| 旅行記 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。