烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

すねこすり駅(高松町駅)

 JR境線の高松町駅は、妖怪の名前「すねこすり駅」の愛称が付いています。
 すねこすりは、岡山県に伝わる妖怪で、雨の降る夜に現れ、夜中道(を歩いている人の足の間をこすり歩きにくくすると言います。
 すねこすりは、犬の姿をしていたと言われていましたが、水木しげる氏は体を丸めて耳を伏せた猫の姿で描いていて、現在はそのイメージが定着しています。

高松町駅
高松町駅

駅ホーム
駅ホーム

現地説明板
現地説明板

「すねこすり」ブロンズ像
「すねこすり」ブロンズ像(水木しげるロード)

鳥取県境港市高松町字五輪松574
スポンサーサイト

| 旅行記 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。