烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

金沢区六浦 上行寺

 久しぶりに、横浜市金沢区六浦の「金沢八景駅」近くにある「上行寺」を訪れました。
 上行寺は、もとは真言宗の金勝寺と言いますが、建長6年(1254)に房総から海路鎌倉を目指す日蓮が、六浦の浜に到着した際に乗り合わせた下総若宮の領主富木胤継と仏法について語り合い、その結果、胤継が日蓮に帰依し、祈願寺であった金勝寺を日蓮宗に改宗し「上行寺」としたそうです。
 また、開基の日荷上人は六浦平次郎という六浦湊を支配する豪商でしたが、日祐上人に帰依し、出家して六浦妙法と名乗っています。
 ある日、称名寺の仁王尊が六浦妙法の夢枕に立ち日蓮宗総本山である身延山へ運ぶよう告げます。六浦妙法は称名寺の住職に掛け合いますが当然断られたため、住職の好きな囲碁の勝負を挑みます。激戦の末、勝利した六浦妙法でしたが、住職は「あんな大きなものを運び出せる分けがない」と相手にしません。そこで、六浦妙法はある夜、二体の仁王尊を背負って運び出し三日三晩かけて身延山久遠寺まで運んだと言われています。身延山久遠寺では六浦妙法の功績に対し日荷上人という尊称を贈ったそうです。
 境内には、この時に身延山から持ち帰ったとされる樹齢600年もの榧の木があり、その下に日荷上人の墓があります。

上行寺参道
上行寺参道

日蓮大士船中問答着岸御霊蹟
日蓮大士船中問答着岸御霊蹟

日荷上人ゆかりの榧の木
日荷上人ゆかりの榧の木

日荷上人の墓
日荷上人の墓

神奈川県横浜市金沢区六浦2丁目2-12
スポンサーサイト

| 囲碁が関わった出来事 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。