烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

明月院 鎌倉

 臨済宗建長寺派に属する明月院は、永暦元年(1160)に平治の乱で戦死した首藤俊道の供養のため息子の首藤経俊が創建した「明月庵」が始まりであると伝えられています。
 その後、鎌倉幕府五代執権・北条時頼が執権を退いた後、出家してこの場所に「最明寺」を建立し晩年を暮らし、時頼の子・八代執権・北条時宗が禅興寺として再興しています。
 室町時代に入ると、康暦2年(1380)に山内上杉家当主で関東官領の上杉憲方が禅興寺を中興、塔頭の明月院を創建しますが、明治に入り禅興寺は廃寺となり、明月院だけが現在残っています。

明月院
明月院入口

方丈
方丈

庭園
庭園

 「やぐら」は鎌倉時代に、この辺りのみで建造されていた洞窟墳墓です。中でも、明月院やぐらは県内最大級で、祀られているのは中興開基の関東官領・上杉憲方であると言われています。

明月院やぐら
明月院やぐら(上杉憲方の墓)

 江戸時代に水質の良くなかった鎌倉において、特に良質の水が湧いた10ヶ所の井戸を「鎌倉十井」と呼びました。
 「瓶の井」は「鎌倉十井」の中でも現在も使用できる数少ない井戸で、岩盤を垂直に貫いて造られ、その内部が水瓶のようにふくらみがあることから、その名があります。

瓶の井
瓶の井

神奈川県鎌倉市山ノ内189
スポンサーサイト

| 鎌倉時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。