烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

扇谷上杉管領屋敷跡

 鎌倉市扇ヶ谷の太田道灌の屋敷跡である英勝寺とJR横須賀線を挟んで反対側にある護国寺の駐車場付近に「扇谷上杉管領屋敷跡」の碑があります。太田道灌の主君である扇谷上杉氏の屋敷があった場所で、「扇ヶ谷」という地名も上杉氏に由来します。
 上杉氏は建長4年(1252)に、後嵯峨天皇の皇子である宗尊親王が鎌倉幕府第六代将軍として鎌倉に下向した際に、公家であった上杉重房が親王に従って下向してきたのがはじまりで、重房は足利氏と婚姻関係を結び、のちに室町幕府を開く足利尊氏もその血を引いています。足利尊氏が幕府を開くと鎌倉には関東を統率するため鎌倉府が置かれその長官として尊氏の四男、足利基氏を鎌倉公方に任命し派遣します。足利一門である上杉憲顕は、それを補佐する関東管領に就任し、以降、鎌倉公方と関東管領は世襲制となります。
 関東管領の上杉家は山内・犬懸・扇谷・宅間の四家がありましたが、実質的には山内上杉家がその地位を独占しています。扇谷上杉氏はそれほど大きな勢力ではありませんでしたが、鎌倉公方と関東管領がやがて対立し関東で長きに渡る争いが繰り返される中、家臣の太田道灌の登場により扇谷上杉氏は勢力を拡大、山内上杉家を凌ぐ勢力となります。
 しかし、扇谷上杉家の当主となった定正は、文明18年(1486)に太田道灌が謀反を起こすのではないかと疑い謀殺。その後、山内上杉家と対立し、戦いを続ける中、北条早雲(後北条氏)が勢力を伸ばし.、天文15年(1546)に北条氏康との戦いに敗れ滅亡しています。ちなみに、山内上杉家は関東管領となった憲政が北条氏に対抗するために越後の長尾景虎を頼り、養子にして家督と関東管領職を譲ります。それが後の上杉謙信です。

護国寺
護国寺

「扇谷上杉管領屋敷跡」石碑
扇谷上杉管領屋敷跡

スポンサーサイト

| 室町時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。