烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

太田道灌邸跡 英勝寺

 鎌倉の英勝寺の総門近くに太田道灌邸旧蹟の碑がたっています。江戸城や岩槻城を築城したことで知られる太田道灌(資長)は扇谷上杉定正の重臣で、享徳の乱や長尾景春の乱など数多くの合戦で活躍し、扇谷上杉は勢力を拡大していきますが、余りに優秀であったため下剋上を恐れた主君の定正に暗殺されています。
 英勝寺は江戸城築城まで太田道灌が住んでいた屋敷跡とされ、道灌の子孫で徳川家康の側室であった英勝尼が、三代将軍家光より祖先ゆかりの地を賜り建立した尼寺です。
 英勝尼は初代水戸藩主、徳川頼房の養母を務めたため、英勝寺は頼房の娘小良姫を門主に迎え開山され、以降、歴代の住持は水戸家の姫が務めていたそうです。

英勝寺
英勝寺

太田道灌邸跡の碑
太田道灌邸跡の碑

神奈川県鎌倉市扇ガ谷1-16-3
スポンサーサイト

| 室町時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。