烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

銭洗弁財天宇賀福神社

 鎌倉の観光スポットである「銭洗弁財天宇賀福神社」は、境内洞窟にある清水で硬貨などを洗うと何倍にも増えると伝えられていることから、「銭洗弁財天」の名で知られています。
 巳年であった文治元年(1185)の巳の月、巳の日の巳の刻に源頼朝の夢枕に宇賀福神(人頭蛇身の神)が立ち、この場所に湧き出す水で神仏を供養すれば天下泰平となるとお告げがあった事から頼朝により神社が建立されたと言われています。
 また、同じく巳年の正嘉元年(1257)に、執権北条時頼がこの霊水で銭を洗って一族繁栄を祈ったのが銭洗の始まりだといわれています。

銭洗弁財天入口
銭洗弁財天入口

入口のトンネル
入口のトンネル

拝殿
拝殿

奥宮の銭洗水
奥宮の銭洗水

神奈川県鎌倉市佐助2-25-16
スポンサーサイト

| 鎌倉時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。