烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鎌倉 長谷寺の碑

 古く歴史のある鎌倉の長谷寺の境内には、様々な碑も建立されています。

観音堂
本尊十一面観音を祀る長谷寺の観音堂

 聖観世音菩薩尊像は鳩山一郎内閣で国家公安委員会委員長などを歴任した政治家・大麻唯男が21年間に及ぶ闘病生活の末亡くなった愛娘の冥福を祈るとともに、広く世の病に苦しむ人々に観世音のご加護をと建立されたものです。
 像の台座には高浜虚子句が刻まれています。「永き日のわれらが為の観世音」
 観世音菩薩尊像の隣りに設置されている「丈夫石」は大麻の考えに賛同した常の花(出羽海)、双葉山(時津風)の元横綱から寄進されてものだそうです。

聖観世音菩薩尊像と丈夫石
聖観世音菩薩尊像と丈夫石

 境内に小説家・久米正雄の胸像があります。久米は東大在学中に菊池寛、芥川龍之介らと共に第3次、第4次「新思潮」を創刊。大正4年(1915)には夏目漱石の門人となります。大正14年(1925)から亡くなるまで鎌倉に居住しています。
 第二次世界大戦末期に川端康成ら鎌倉文士達により貸本屋「鎌倉文庫」が設立されるとその社長を務め、鎌倉ペンクラブ初代会長としても活躍しています。
  久米は昭和27年(1952)に鎌倉で亡くなりますが、胸像はその二年後に鎌倉ペンクラブにより建立されています。

久米正雄像
久米正雄像

 明治時代に文芸評論家として活躍した高山樗牛の記念碑が長谷寺境内にあります。高山は病没する直前の明治34年(1901)頃、長谷寺境内に住んだことがあり、碑には「高山樗牛ここに住む」と刻まれています。

高山樗牛記念碑
高山樗牛記念碑

神奈川県鎌倉市長谷3-11-2
スポンサーサイト

| 歴史あれこれ | 11:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。