烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日朗と囲碁

 以前にも紹介しましたが、現在の光則寺にあった宿屋左衛門尉光則の屋敷の土牢へ幽閉された日蓮の高弟・日朗は、現存する日本最古の棋譜の日蓮の対局相手です。ただ、1253年に松葉ヶ谷草庵にて打たれたという棋譜は後世の贋作であるというのが定説となっています。
 日蓮六老僧の一人、日朗は寛元3年(1245)に下総国海上郡能手郷で生まれ、12歳で日蓮の弟子となります。日蓮と対局したとされる時期は10歳に満たない年齢で、吉祥丸という出家前の幼名が記されています。

立正安国論御勘由来聖筆碑
立正安国論御勘由来聖筆碑

土牢への標識
土牢への標識

日朗の土牢
日朗の土牢

説明板
説明板

【関連記事】 日本最古の棋譜 安国論寺

神奈川県鎌倉市長谷3-9-7
スポンサーサイト

| 囲碁史あれこれ | 12:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。