烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

横浜公園

 横浜DeNAベイスターズの本拠地「横浜スタジアム」がある横浜公園は、明治9年(1876)に外国人と日本人が共同で使用する「彼我公園」として開園します。
 元々は、幕末期の横浜開港に伴い、外国人のために安政6年(1859)に開業した「港崎遊郭」があった場所でしたが、慶応2年(1867)に発生した大火で遊郭が焼失します。
 跡地は明治維新の混乱により長らく復興されませんでしたが、在留外国人の生活環境改善のために公園が整備されます。
 設計したのはイギリス人土木技師リチャード・ブラントンで、園内には野球場を兼ねたクリケット場も建設。明治29年(1896)には日本初の野球の国際試合が旧制一高ベースボール部と外人クラブとの間で行われています。
 その後、園内に建設された野球場は、昭和27年(1952)に「横浜公園平和野球場」と改称されて市民に親しまれてきましたが、老朽化のために取壊し、昭和53年(1978)に「横浜スタジアム」(通称:ハマスタ)が建設されます。そしてプロ野球球団の横浜大洋ホエールズ(現:横浜DeNAベイスターズ)の本拠地として使用されます。
 ところで、横浜スタジアムは外野スタンドの傾斜が急で高いことから、外野席上段でもグラウンド面が楽に見渡せることが特徴ですが、これは球場が公園内にあるために都市公園法の規制を受けて建築面積が制限されたために客席を上に積み上げた結果だそうです。

横浜公園
横浜公園。奥に横浜スタジアムがあります。

ブラントン像
ブラントン像

説明板1(遊郭時代の地図)
説明板1(遊郭時代の地図)

説明板2(開園当時の公園)
説明板2(開園当時の公園)

説明板3(大正時代の公園)
説明板3(大正時代の公園)

神奈川県横浜市中区横浜公園
スポンサーサイト

| 明治・大正時代 | 09:54 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。