烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

写真師 下岡蓮杖顕彰碑

 横浜の馬車道の日本興亜馬車道ビルの道向に下岡蓮杖の顕彰碑があります。
 下岡蓮杖は長崎の上野彦馬とともに日本の商業写真師の草分けとして知られる人物で、彼の写真館がこの辺りにあったことから顕彰碑が建立されたそうです。
 下岡蓮杖は伊豆下田の出身で、初代駐日公使タウンゼント・ハリスの通訳ヒュースケンから写真の技術を学び、文久2年(1862)頃、横浜で写真館を開業します。当初は写真に写ると寿命が縮まるという迷信に惑わされ日本人客は少なかったといいますが、次第に繁盛していったそうです。

下岡蓮杖顕彰碑
下岡蓮杖顕彰碑

説明板
説明板

横浜市中区弁天通4丁目67
スポンサーサイト

| 明治・大正時代 | 07:27 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。