烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

馬車道 日本で最初のガス灯

 幕末に日米通商修好条約により横浜港が開港すると、関内に外国人居留地が置かれます。その関内地域と横浜港を結ぶ道路の一つとして開通したのが「馬車道」です。外国人はこの道を馬車で往来していたため「馬車道」と呼ばれるようになったそうです。

馬車道通り
馬車道通り

 関内駅の近く,の「馬車道」に面している「関内ホール」(横浜市市民文化会館)の前に、「日本で最初のガス灯」の碑と2本のガス灯が設置されています。
 多くの外国人が行き来ていした「馬車道」から全国に広まった西洋文化 がたくさんありますが、ガス灯もその一つです。
 以前紹介した「高島易断」の名で知られた占い師で、実業家として横浜の発展にも尽力した高島嘉右衛門が、 明治5年(1872)に日本 における最初のガス灯を馬車道・本町通り等に設置しています。柱部は英国グラスゴー市から輸入し,灯具は日本人職人により製造されたと言われています。

日本で最初のガス灯の碑
日本で最初のガス灯の碑

明治時代の馬車道通り
明治時代の馬車道通り

碑のプレート
碑のプレート

【関連記事】 泉岳寺 高島嘉右衛門の墓

神奈川県横浜市中区住吉町4丁目
スポンサーサイト

| 明治・大正時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。