烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

上田端八幡神社

 正岡子規の墓がある大龍寺の隣りに「上田端八幡神社」があります。
 田端は江戸時代、田端村と呼ばれ、村内は上田端と下田端という二つの地域にわかれていました。そして、それぞれの地域には、鎮守の八幡神社がまつられていました。
 以前紹介した田端八幡神社は東覚寺が別当となっていましたが、こちらの八幡神社は大龍寺が別当寺を勤めています。
 上田端八幡神社は、鎌倉幕府が奥州藤原氏を滅ぼした後に、当地の豪族豊島氏が奥州奉行を務めたことから、鎌倉鶴ケ岡八幡宮を勧請し創建されたと伝わっています。
 神社付近の畑の中に、「争いの杉」と呼ばれる神木があり、高さは二丈五尺(約8.3メートル)、幹の太さは九尺(約3メートル)、遠くから見ると松にも見えたそうです。
 奥州へ源義経討伐に向かっていた畠山重忠がこれをみて、家来と松か杉かで言い争ったという伝承が残されています。

上田端八幡神社
上田端八幡神社

拝殿
拝殿

北区田端4-18-1
スポンサーサイト

| 歴史あれこれ | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。