烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

東覚寺 赤紙仁王尊

 東京都北区田端2丁目にある真言宗豊山派の東覚寺は、延徳3年(1491)に神田に創建。その後根岸に移り、慶安年間)に田端へ移転されたと言われています。

東覚寺山門
東覚寺山門

 東覚寺の山門脇にある不動堂の前に、真っ赤な物体が二つ立っています。それは、体中に赤紙が貼られた金剛力士像で、通称赤紙仁王と呼ばれています。
 病の人が仁王像の、その部分に赤紙を貼ると病が治癒すると言われ、現在でも赤紙を貼る人が跡を絶ちません。また、病が治った人は草履を供える風習もあり、金剛力士像の隣りに絵馬のように草履が供えられています。

不動堂
不動堂

 仁王像は寛永18年(1641)に建立されたものですが、赤紙を貼るという風習は明治時代に広まったものだそうです。
 また、仁王像は元々、東覚寺が別当寺を務めていた隣接している田端八幡神社の入口にありましたが、明治に入り神仏分離令により東覚寺の前に移転しています。1998年に北区の指定文化財に指定されています。

赤紙仁王尊
赤紙仁王尊

江戸時代の金剛力士像の様子
江戸時代の金剛力士像の様子

赤紙が張られる前の仁王像
赤紙が張られる前の仁王像

東京都北区田端2-7-3
スポンサーサイト

| 歴史あれこれ | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。