烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

赤羽の宝幢院

 赤羽八幡神社から赤羽岩淵駅(南北線)へ向かっていく途中に宝幢院という寺院がありました。
 宝幢院は寛正2年(1461)の開山で、慶安2年には徳川三代将軍家光公より寺領として赤羽根村内に10石余を賜ります。 明治維新後の神仏分離まで八幡神社の別当寺だったそうです。

宝幢院
宝幢院

 境内には、区内最古の阿弥陀如来線刻庚申塔があります。寛永16年(1639)霜月18日の銘があり、板碑型の石塔本体正面に、阿弥陀如来立像と2猿が線刻されています。「庚申」という文字が無く、「山王廿一社」と刻まれていて、本来は三猿であるのにニ猿であるために、庚申塔とするのには異説もあります。しかし区外には、庚申信仰と山王信仰が結び付いた類似の塔が残されていることから、この塔も両者の信仰が結び付いて造立されたと考えられています。

庚申塔
区内最古の阿弥陀如来線刻庚申塔

 境内には、この他、馬持講中(当時馬を飼っていた資産家)の名前を刻んだ馬頭観音塔が残されています。

馬頭観音塔
馬頭観音塔

 寺院の前には江戸中期につくられた道しるべが残されています。
 「東 川口善光寺道日光岩付道」「西 西国冨士道 板橋道」「南 江戸道」と刻まれ、この地が交通の要所であったことがうかがえます。

道標
道しるべ

北区赤羽3-4-2
スポンサーサイト

| 歴史あれこれ | 08:46 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。