烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

太田道灌築城の稲付城跡 静勝寺

 JR赤羽駅に程近い高台にある「静勝寺」は、江戸城などを築城した戦国時代の名将、太田道灌が砦として築いた「稲付城」の跡だそうです。江戸城と太田氏の拠点である岩槻城を結ぶ岩槻街道沿いにある稲付城は、中継地の役割を果たしていたと考えられていますが、道灌が築城したというのは伝承のみで確たる証拠は無いため異説もあります。
 稲付城は道灌の死後、孫の資高(すけたか)、その子康資(やすすけ)の居城となった後、北条氏の砦となっていましたが、北条氏滅亡後、徳川家康が江戸へ入ると廃城となっています。
 静勝寺は、永正元年(1504)に道灌の禅の師匠雲綱が、彼の菩提を弔うために道灌寺を創建。明暦元年(1655)には道灌の子孫太田資宗が堂舎を建立し、道灌(香月院殿春宛静勝大居士)とその父資清の法号に因んで寺号を自得山静勝寺と改めています。

静勝寺石段
静勝寺石段

 石段を登ったところにある門は、静勝寺の正門にあたる東門です。元は2層の鐘楼門だったそうですが、明治になって取壊され昭和の初めまで何も無い状態でした。その後、昭和25年(1947)に近隣の農家から移築されたのが現在の門だそうです。

東門(正門)
東門(正門)

 現在の本堂は、関東大震災後の昭和3年(1928)に建立されたもので、右の大玄関は、平成13年(2002)に改修されたものだそうです。

本堂
本堂

 道灌公御影堂(通称道灌堂)は、太田道灌公の座像が安置されたお堂で、享保20(1715)、道灌公二百五十回忌に太田資晴によって建立されたそうです。

道灌御影堂
道灌御影堂

北区赤羽西1-21-17
スポンサーサイト

| 戦国時代 | 11:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。