烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

酉の市発祥の地 鷲神社

 江戸時代より続く「1年の無事に感謝し、来る年の幸を願う」酉の市。多くの露天商が立ち並び、手締めの音があちこちから聞こえてきます。福をかきこむといわれる開運・商売繁盛のお守り「熊手」も売られていて東京の年末の風物詩となっています。
 関東を中心に各所で行われている酉の市ですが、その発祥の地が台東区の鷲神社であると言われています。

 鷲神社の祭神は天日鷲命(あめのひわしのみこと)と日本武尊(やまとたけるのみこと)です。
 社伝によると天照大御神が天之岩戸にお隠れになったとき、天宇受売命が岩戸の前で舞い踊り、その騒ぎに天照大御神が少し岩戸を開けた時に怪力の神様が一気に岩戸を開けたという有名な天之岩戸伝説がありますが、この時、神様が鳴らしていた楽器に鷲がとまったので、鷲は世を明るくする鳥であると考えられるようになります。そして、この時、楽器を持っていた神様が天日鷲命です。
 天日鷲命は、開運、殖産、商売繁盛の神様としてこの地にお祀りされます。後に日本武尊が東夷征討の際に社に立ち寄られ戦勝祈願されます。そして志を遂げて帰られる際、再びここへ寄られ、社前の松に武具の「熊手」をかけて、お礼参りをされたそうです。
 その日が十一月酉の日であったので、この日を鷲神社例祭日と定めます。それが「酉の市」の始まりで、この故事により日本武尊が併せ祭られ、御祭神の一柱となったそうです。

山門
山門。脇に大熊手が設置されています。

渡殿
渡殿

参道
参道。取材時、酉の市の準備がされていました。

東京都台東区千束三丁目18番7号
スポンサーサイト

| 東京散歩 | 08:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。