烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

吉原大門

 台東区千束4丁目の土手通りの、吉原大門交差点を曲がると、そこはカーブになっています。ここは五十間道と呼ばれていて、吉原遊郭に出入りする人が見えないようにカーブになっていたと言われています。

五十間道
五十間道

 五十間道のカーブを曲がると、遊郭の入口である「吉原大門」があります。
 吉原遊郭は、当初、人形町あたりにありましたが、、明暦3年(1657)の「明暦の大火」で類焼し、現在の台東区千束に移されます。
 新しい吉原は、220m×330m四方を堀で囲って造られ、出入り口は「吉原大門」一ヶ所だけでした。これは、遊女の逃亡を防ぐためと言われ、大門を入った、すぐ左側に与力や同心が詰めている「面番所」、その向かいには吉原町の会所がである「四郎兵衛番所」があり、出入りする女性に目を光らせていました。江戸時代、遊女は一度大門から入れば、年季奉公が明けるまで、外へは出られない決まりだったそうです。なお、明治時代には規則は緩和され、引率者と一緒なら外出が認められ、休養日に浅草へ芝居見物に出かける遊女もいたそうです。
 江戸時代の大門は黒塗り木造のアーチ型楼門だったそうですが、明治時代には二代目の鉄門が設置されています。しかし、関東大震災により門は撤去され、現在は、跡地に街灯(モニュメント?)が設置され「吉原大門」という名で交差点名やバス停名が残されています。

明治時代の吉原大門
明治時代の吉原大門

現在の吉原大門跡
現在の吉原大門跡

現在の吉原大門跡
現在の吉原大門跡

東京都台東区千束4丁目33−2あたり
スポンサーサイト

| 東京散歩 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。