烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

小塚原回向院の墓所 1

 小塚原回向院の墓所は一般の檀家の方の区域は非公開ですが、勤皇の志士たちの墓は「史跡ゾーン」としてお参りする事が出来ます。

 橋本左内は天保5年(1834).に越前藩医・橋本長綱の長男として生まれます。緒方洪庵に学び,父の跡をついで藩医となると、安政元年に江戸へでて藤田東湖らと交遊。藩主松平慶永の侍講兼内用掛となり藩政改革に尽力します。将軍継嗣問題では一橋慶喜の擁立に動き幕政改革を唱えますが、安政の大獄で安政6年(1859).に刑死しています。享年26歳。

橋本左内の墓
橋本左内の墓

 橋本左内の墓の前に「景岳橋本君碑」があります。「景岳」とは、橋本左内の号です。碑は明治17年に建立されたもので、三条実美の篆額です。非常に大きな碑で金属で補強されていました。

景岳橋本君碑
景岳橋本君碑

 幕末の思想家で山口県萩市にある「松下村塾」にて多くの勤皇の志士を育てた吉田松陰は、安政の大獄で、安政6年(1859)に伝馬町牢屋敷で斬首され、ここ小塚原回向院の葬られます。その後、松陰神社へ改葬されますが最初の墓石はそのまま残されたそうです。

吉田松陰の墓
吉田松陰の墓

吉田松陰の墓の脇に「鴨崖墓」と刻まれた墓があります。これは江戸時代後期の歴史家で思想家でもある頼山陽の息子、頼三樹三郎の墓です。
 三樹三郎は父や著名な儒学者の元で学び尊皇運動に感化され、勤王の志士として活動。危険人物の一人として幕府に捕らえられ、江戸伝馬町牢屋敷にて橋本左内らとともに斬首されています。
 なお、頼三樹三郎は吉田松陰と同じく松陰神社へ改葬されたそうで、小塚原回向院には墓石のみが残されたそうです。墓石には「松陰二十一回猛士墓」との銘が刻まれています。

頼三樹三郎の墓
頼三樹三郎の墓

小塚原回向院 : 東京都 荒川区 南千住 5-33-13
スポンサーサイト

| 幕末・明治維新 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。