烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

小塚原刑場跡と回向院

 久しぶりに南千住にある小塚原刑場跡を訪れて見ました。以前にも紹介しましたが南千住駅のすぐ近くにある延命寺です。
 小塚原刑場は慶安4年(1651)に創設されて以降、明治の初めまで20万人以上の罪人が処刑された刑場で、大和田刑場、鈴ヶ森刑場と並んで江戸の三大刑場と呼ばれました。
 延命寺は常磐線と日比谷線の線路に挟まれていますが、かつて刑場であった事を感じさせる独特な雰囲気を漂わせています。
 境内には寛保元年(1741)に建立された高さ3mほどの首切地蔵があります。

首切り地蔵
首切り地蔵(延命寺)

 延命寺のすぐ近くに小塚原回向院があります。現在の大相撲の発祥の地である両国回向院の別院です。
 小塚原刑場では死体は簡単に土を被せるのみで、周囲は異臭が漂い、動物が遺体を食い荒らすことも良くあったそうです。
 寛文7年(1667)に本所回向院住職の弟誉義観が刑場の隣りに死者の霊を弔うために御堂を建立します。それが現在の小塚原回向院です。
 後に回向院には政治犯が埋葬されるようになったため、橋本左内、吉田松陰など安政の大獄で処刑された志士たちの墓が建立されています。

小塚原回向院
小塚原回向院

 回向院入口山門脇に立ち、往来する子供たちを見守るお地蔵様は「義展地蔵尊」といいます。
 先日、南千住の円通寺を紹介した際に触れましたが、昭和38年(1963)に発生した 「戦後最大の誘拐事件」と呼ばれた「吉展ちゃん誘拐殺人事件」で殺害され円通寺に遺体が遺棄された村越吉展ちゃん(当時4歳)。村越家は小塚原回向院の檀家だそうで、吉展ちゃの供養の為に村越家が寄進したそうです。

義展地蔵尊
義展地蔵尊

 杉田玄白は、オランダ語医学書「ターヘル・アナトミア」を和訳し「解体新書」として刊行しますが、明和8年(1771)に、ここで刑死者の解剖に立ち会い、解剖図が正確である事を確認しています。それを記念して、寺の壁に「観臓記念碑」が設置されています。

観臓記念碑
観臓記念碑

【関連記事】
  小塚原刑場跡(延命寺)
  小塚原回向院(南千住回向院)

延命寺 : 荒川区南千住2-34-5
小塚原回向院 : 東京都 荒川区 南千住 5-33-13
スポンサーサイト

| 江戸時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。