烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

投込寺 浄閑寺

 東京都荒川区南千住にある「浄閑寺」は、明暦元年(1655)創建と伝えられ、その二年後には近くに吉原遊郭が誕生しています。
 安政2年(1855)に発生した「安政の大地震」で亡くなった、多くの新吉原の遊女が投げ込み同然に葬られたことから「投込寺」と呼ばれるようになったそうです。

浄閑寺山門
浄閑寺山門

本堂
本堂

 昭和になり川柳家の花又花酔は、「生まれては苦界、死しては浄閑寺」という川柳を詠み、墓所には、その句が刻まれた新吉原総霊塔が建立されています。

新吉原総霊塔
新吉原総霊塔

 作家の永井荷風は、遊女の暗く悲しい生涯に思いをはせて、しばしば浄閑寺を訪れています。
 「今の世のわかき人々」にはじまる荷風の詩碑が、このような縁で墓所に設置されています。

永井荷風記念碑
永井荷風記念碑

永井荷風記念碑
永井荷風記念碑

東京都荒川区南千住2-1-12
スポンサーサイト

| 江戸時代 | 06:07 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。