烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

青目不動尊 永久寺

 台東区三ノ輪にある永久寺は、江戸五色不動の一つ「目黄不動」として知られています。
 江戸五色不動とは、目白、目赤、目黒、目青、目貴の各不動尊のことで、寛永年間の中頃に、徳川三代将軍家光が天海大僧正の具申により、江戸府内の名のある不動尊を指定したと伝えられています。
 不動明王は、大日如来が、悪を断じ、衆生を教化するために姿を変えた姿と言われています。また、宇宙はすべて、
地、水、火、風、空の五つの要素から構成されているという「五大」という思想があり、これらを色彩で表現したものが五色といわれています。不動尊信仰は、密教がさかんになった平安時代初期から広まり、不動尊の身体や目の色を描きわけることは平安時代には、すでに存在したといわれています。

永久寺
永久寺

青目不動
青目不動

台東区三ノ輪2丁目14−5
スポンサーサイト

| 江戸時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。