烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

奥の細道矢立初の地

 千住大橋の北詰の大橋公園に「奥の細道矢立初の碑」があります。
 俳聖・松尾芭蕉は、弟子の曾良を伴い、元禄2年(1689)に江戸深川の採荼庵を船で出発し、ここに降り立ちます。この場所から約600里(2400km)、約150日かけて東北・北陸を巡って完成させたのが、芭蕉の代表作「奥の細道」です。有名な句「行く春や鳥啼き魚の目は涙」はここで詠まれたものだそうです。
 近くの京成本線「千住大橋」駅のそばにある「奥の細道プチテラス」内には、ここから旅立った松尾芭蕉の像が建立されています。

奥の細道矢立初の地
奥の細道矢立初の地(大橋公園)

奥の細道矢立初の碑
奥の細道矢立初の碑

奥の細道行程図
奥の細道行程図

桟橋に描かれた、与謝蕪村筆「奥の細道図屏風
桟橋に描かれた、与謝蕪村筆「奥の細道図屏風

松尾芭蕉像
松尾芭蕉像(奥の細道プチテラス)

足立区千住橋戸町31先
スポンサーサイト

| 江戸時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。