烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

千住大橋

 千住大橋は、 隅田川にかかる橋で、北岸は足立区千住橋戸町、南岸は荒川区南千住六丁目の境界にあり日光街道(国道4号)が通っています。
 現在は、旧橋・新橋の二橋で構成されていて、旧橋は昭和2年に竣工した日本最古の鋼タイドアーチ橋の美しい橋です。
 最初に千住大橋が建設されたのは、徳川家康が江戸に入府して間もない文禄3年(1594)のことで、当時、隅田川にはこの橋しかなかったため、単に「大橋」と呼ばれていました。幕府は江戸の防衛上の観点から、隅田川への架橋をここ以外認めていませんでしたが、「明暦の大火」以降、防災上の問題から他の橋が建設されるようになり、それに伴い「大橋」は「千住大橋」と呼ばれるようになったそうです。
 千住大橋は何度か架け替えられていますが、明治18年(1885)に台風により流出するまで、大水で流された事は一度も無い名橋で、その姿は浮世絵などで多く描かれています。

現在の千住大橋
現在の千住大橋

桟橋に係留された屋形船
桟橋に係留された屋形船

桟橋に描かれた江戸時代の橋
桟橋に描かれた江戸時代の橋(歌川広重作 名所江戸百景「千住の大はし」)

明治時代に洪水に見舞われた橋
明治時代に洪水に見舞われた橋

千住大橋の碑
千住大橋の碑


スポンサーサイト

| 歴史あれこれ | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。