烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

勝専寺の赤門と金玉均の碑

 足立区千住にある勝専寺は、赤門のある寺として知られています。勝専寺は、文応元年(1260)に創建されたといい、荒川の水底から引き上げられ、千住の地名の由来になったという木造千手観音立像が安置されています。(非公開)
 江戸時代には日光社参に際して将軍の御旅所になり、徳川家忠・家光・家綱らが利用したとの記録が残っています。赤門は江戸時代、将軍の息女が嫁いだ大名家の屋敷に建設されるなど将軍家と関わりが深い事を示しています。
 勝専寺は「おえんま様」の愛称でも親しまれ、境内の閻魔大王堂には寛政元年(1789)に開眼された「えんま王坐像」が鎮座されています。毎年1月15・6日と7月の同日に縁日が開かれています。
 ところで、境内の鐘楼は当初安永4年(1775)に建設されますが、明治に入って破損したため明治24年(1891)再建したそうです。
 そのいきさつが記された「鐘楼建築記念碑」が鐘楼の石垣に埋め込まれていますが、碑の撰文は朝鮮の革命家で当時日本に亡命していた金玉均によるものです。金玉均は囲碁界とも関わりが深く、本因坊秀栄とは親友であったと言われています。
 なお、この時の鐘は戦時中の金属供出で失われたため、昭和34年(1959)に地元有志の募金で再鋳されています。

勝専寺の赤門
勝専寺の赤門

閻魔堂
閻魔堂

鐘楼
鐘楼

鐘楼建築記念碑
鐘楼建築記念碑

金玉均の撰文
金玉均の撰文

足立区千住2-11
スポンサーサイト

| 歴史あれこれ | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。