烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ガス灯の生い立ち

 横浜市中区山下町の海岸通り沿い、ホテル・ニューグランド近くの「山下公園中央口」交差点のあたりに「ガス灯の生い立ち」と 題する絵が設置されています。
 そして、絵の前にはガス灯が設置されていました。
 説明板には、「日本の西洋文化や洋風生活の多くは、”みなとヨコハマ”を玄関口として 入って来た。ガス灯もその一つで、柱部は英国グラスゴー市から輸入し、灯具は 日本人職人により製造されて、明治5年10月31日点火された。このたび、 魅力ある街づくり、道づくりの一環として、照明灯の改修、歩車道の補修、公園の改修などともあわせて、東京ガス、横浜商工会議所、地元の皆様の協力により当時の型をモデルに復元し、同じ月日に点火した。」と書かれていました。
 ガス灯は昭和60年10月31日に設置されています。

復元されたガス灯
復元されたガス灯

ガス灯の生い立ち
ガス灯の生い立ち

説明板
説明板

神奈川県横浜市中区山下町8
スポンサーサイト

| 明治・大正時代 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。