烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日本における新聞誕生の地

 横浜中華街の 関帝廟のすぐ近くに、「日本における新聞誕生の地」の碑があります。
 この場所は幕末から明治にかけて通訳、貿易商として活躍すると共に、日本で最初に民間新聞を発刊し「新聞の父」と呼ばれた「ジョセフ彦」こと浜田彦蔵の屋敷があった場所です。
 天保8年(1837)、兵庫県播磨町で生まれた彦蔵は、13歳の時、江戸から 船で故郷に帰る途中に暴風雨で船が遭難、アメリカの商船に救わアメリカへ渡ります。   
 一度は故国を試みますがうまくいかず、アメリカで暮らすこととなった浜田は、身元引受人の税関長・サンダースにミッション・スクールでの学校教育を受けさせてもらい、カトリックの洗礼も受けます。「ジョセフ・ヒコ」とは浜田の洗礼名で、この他、「アメ彦」の通称でも知られています。また、この頃にヒコは日本人として初めてアメリカ大統領(第14代フランクリン・ピアース)と会見したという記録も残されています。
 安政6年(1859)、22歳の時に、ようやく帰国したヒコは、領事館通訳を務めた後、貿易商に転じていますが、尊王攘夷思想が高まる中、身の危険を感じ文久元年(1861)に一時アメリカへ戻ります。なお、この時、ヒコは当時のリンカーン大統領と会見しています。
 文久2年 (1862)に帰国し、横浜で再び米国領事館通訳の仕事を始めたヒコは、その後、商売を始め、元治元年(1864)には邸宅にて英字新聞を日本語訳した「海外新聞」を発刊します。これが日本初の日本語の新聞と言われていまが、「海外新聞」は赤字であったため、数ヵ月後には廃刊となっています。
 明治以降、新政府へ仕え、大阪造幣局の創設や国立銀行条例の制定にも関わったヒコは、明治30年(1897)に心臓病のため東京の自宅にて61歳で死去。「国籍法」が整備されていなかった当時、日本人に戻る法的根拠が無かったことから、外国人として青山霊園の外国人墓地へ葬られました。

日本における新聞誕生の地
日本における新聞誕生の地

碑


神奈川県横浜市中区山下町 関帝廟通り
スポンサーサイト

| 幕末・明治維新 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。