烏鷺光一の「囲碁と歴史」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

菊池寛旧居跡

 「有島武郎・有島生馬・里見弴旧居跡」の案内プレートは、跡地マンションの西側に設置されていますが、同マンションの東側には「菊池寛旧居跡」のプレートが設置されています。


 有島武郎は大正12年に亡くなりましたが(不倫の末の心中)、菊池寛はその3年後の大正15年から1年あまり有島邸の一部を借りて住んでいました。


 菊池寛は香川県高松市出身の小説家でジャーナリストです。大正12年には私財を投じて「文芸春秋」を創刊し実業家としても成功します。昭和10年には芥川賞・直木賞を設立しました。



Imag0092

菊池寛旧居跡




Imag0091

案内プレート




  場所:六番町3番地 ベルテ六番町



スポンサーサイト

| 昭和時代 | 05:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://igoshi.blog.fc2.com/tb.php/136-776e9e1e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。